純米 風和

純米 風和

口コミ・レビュー

レビュー数 3
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

ほんの少しピリッと来る辛味の後に、ふくよかなお米の旨味を感じられます。
冷やして飲むのがおすすめ。

基本は淡麗辛口になります。舌の上で若干の甘味と旨味。
辛味がキレを出し、ほんのり甘味と旨味が米の風味と柔らかさを出しています。
それらのバランスがとても良く、スイスイと呑めてしまう、そんなお酒です。

冷やして飲むとスッキリした辛口でとても美味しかったです。
ただ香りがいいだけでなく、コクがあって酒好きにはたまりません。

純米 風和

・分類:純米酒

・画像
(参照:有限会社加藤酒造店)

商品説明・特徴など

(参照:酒のかどや)

原料米は契約農家の減肥栽培の五百万石を使用しています。
米の風味がほのかにただようソフトな飲み口で、その品質が佐渡の風土であり、その風土をお伝えしたいと願っています。

〜「風和」の由来について〜
約20年ほど前、佐渡の書家 稲葉大朴(たいぼく)氏が「風和」と書かれた書を手土産に、加藤家での酒席に来られたことがありました。
(稲葉氏は現在はお亡くなりになっています。)
稲葉氏は、万葉集にある歌の序文「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」(書き下し文)から、「風和」の2文字をとり、書に表現したそうです。
その書に感銘を受けた現社長加藤健は、「この書を酒の銘柄として使わせていただけないか」と稲葉氏に尋ねたところ快諾していただき、平成10年頃より、弊社の純米酒に「風和」という銘柄をつけて発売することになりました。(平成11年、商標登録済み)

新元号「令和」が発表になり、万葉集由来の「風和」が注目されています。
蔵元では、直接万葉集を引用したのではなくあくまで稲葉氏の書を使わせていただいているということでしたが、まだ「風和」を飲んだことがない方に知っていただける機会になれば幸いです。

地区:佐渡
販売時期:通年販売
精米歩合:60%
原料米:五百万石
アルコール度:15.6度
日本酒度:+3
酸度:

蔵元情報

・蔵元名:有限会社加藤酒造店
・代表銘柄:金鶴(きんつる)
・住所:佐渡市沢根炭屋町50番地
・創業:西暦1915年
・蔵元からのPR:平成5年、良水を求めて廃業していた蔵元の地へ製造場を移転。米から手掛ける酒造りを基本にして減肥栽培米、環境に配慮した米造りなど取り組んでいます。
 新潟清酒学校卒の池田杜氏を筆頭に10名弱の蔵人で酒造りに精進しています。

蔵元おすすめ商品

普通酒 金鶴

地元佐渡の晩酌酒として、冷でも燗でもひろく飲まれています。

純米 風和

米の風味がほのかにただようソフトな飲み口で、その品質が佐渡の風土であり、その風土をお伝えしたいと思っています。

純米 拓

環境に配慮し、生き物を育む農法にチャレンジした無農薬・無化学肥料で栽培した、たかね錦を原料米としています。
すっきりとした味わいは飲みあきせず、料理とマッチし、特にぬる燗がおすすめです。

純米 風和の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『純米 風和』は、やや辛口のお酒です。
幅広い温度帯でお楽しみいただけます。