北雪酒造 新潟県佐渡市

北雪酒造の概要

株式会社北雪酒造は、新潟県佐渡市の酒蔵です。

代表的な銘柄は『北雪ほくせつ』です。

北雪酒造の歴史

明治五年創業。
はじまりは、佐渡赤泊。

小さな港の海辺にある、
温和な佇まいの酒蔵として酒づくりをはじめた北雪酒造。
明治、大正、昭和と時代を歩み、昭和二十三年、有限会社羽豆酒造場を設立。
平成五年より株式会社北雪酒造に社名を変更し、現在に至ります。

創業以来、守り受け継がれてきた熟練の技。
一方で、音楽演奏や超音波振動、遠心分離機などこれまでになかった新たな“一手”を次々に取り入れ、日本酒づくりの時代を切り開く、イノベーティブな酒づくり。
まさに伝統と革新こそ、北雪酒造の挑戦者たるゆえんなのです。

美しい自然が、
美しい酒をつくる。

雄大で荒々しい、大佐渡山脈。
緩やかな山並みと砂浜が広がる、小佐渡山脈。
丘陵地から湧き出る、米づくりに適したやわらかい天然水。
恵まれた気候をもつ佐渡島は、まさに酒づくりにおける絶好の条件が揃っているのです。

酒づくりは、
米づくりから。

人に愛される酒は、安全で安心できるものだと考える北雪酒造。
酒づくりの基本となる酒米づくりにおいても、水にこだわり農薬や化学肥料には頼らない農法を徹底。
生き物にやさしい農法であることから、佐渡では「朱鷺と暮らす郷づくり認証米」(朱鷺認証米)として認定されています。

酒づくりは、米づくり。そして、人とのつながり。
契約農家と手を携え、棚田で新潟清酒米の代表格「越淡麗」や「五百万石」を育てています。
また、地元の農家に呼びかけて研究会を結成。
だれもやらないことだからこそ、北雪がやる。
米づくりへの磨きをかけ、味、香りともに格別な純米大吟醸・大吟醸となる、上質な酒米を生み出しています。

日本酒は
世界でも好まれるはず、
という決意。

日本食だけでなく、世界各地どんな料理にも合わせやすい日本酒。
ワインが飲まれる国にも、日本酒”JAPANESE SAKE”はきっと好まれるはず。
日本の佐渡島という小さな島から、世界の大きなマーケットへ。
国内の日本酒消費の低迷すらものともしない、攻めの姿勢を北雪酒造は貫いてきました。

日本の北雪から、
世界のHOKUSETSUへ。

それは、世界に挑む一人の日本人との出会いでした。
世界のセレブたちを魅了するレストランNOBUのオーナー、ノブ・マツヒサ氏。
最高の逸品をつくるマツヒサ氏と、最高の一杯をつくる北雪。
以来、お互い良きパートナーとして、NOBUでは北雪の酒が並びます。
”NOBUの日本酒”として、今や世界中で北雪の酒が選ばれているのです。

そして、もう一人。世界的俳優、ロバート・デ・ニーロ氏との出会い。
彼はマツヒサ氏と“Nobu New York” を共同経営する、ビジネスパートナーでもあります。
日本酒通として知られるデ・ニーロ氏は、「佐渡は”Sado Island”ではなく”Sake Island”だ」という言葉を残すほど。

北雪酒造の海外展開には、こうした良き理解者たちとの絆があったのです。

北雪酒造のアクセスと駐車場

両津港より車で60分
小木港より車で20分
赤泊港より車で5分

【駐車場】
普通車:30台(無料)
大型車:5台(無料)

北雪酒造の住所と電話番号

株式会社北雪酒造

〒952-0706
新潟県佐渡市徳和2377番地2

TEL:0259-87-3105
FAX:0259-87-3173

北雪酒造の見学

【酒蔵見学】

  • 受付時期:5月~10月
  • 受付時間:8時~16時30分
  • 定休日:無休
  • 見学所要時間:要相談
  • 受入人数:約30名
  • 予約:要予約
  • 試飲:有り

北雪酒造のホームページ

北雪酒造の通販・オンラインショップ

Posted by 新潟の地酒