王紋酒造 新潟県新発田市

王紋酒造の概要

王紋酒造株式会社は、新潟県新発田市の酒蔵です。

代表的な銘柄は『王紋おうもん』です。

王紋酒造の歴史

寛政年間より酒造りを営々と

当蔵の総本家「市島家」は、約420年前の慶長3年(1598年)に、加賀大聖寺より越後新発田藩に移封された溝口侯に随伴して当地に移住しました。市島家は薬種問屋を始め、酒造、金融、回船業などで商業資本を蓄積する一方、沼澤の多い荒蕪の土地を意欲的に開拓し、最盛時には4800町歩の田畑山林を所有する全国屈指の大地主となりました。

当蔵は初代市島秀松が寛政年間(1790年代)に宗家より分家し、現在の地にて酒造りを開始しました。創業時の銘柄は、諏訪神社前に位置したことから「諏訪盛」でした。歴代蔵元は学を好み、江戸文人との交流を通して後進を指導するなど新発田の文化に貢献しながら、営々と酒造りを続けてきました。

新発田の地で伝統を刻みながら
新時代の酒造りを目指して

 近代以降は銘柄を「王紋」とし、さらに純米系「夢」、そして新たに若者や女性好みの「かれん」と、伝統を守りながらも時代に合わせた酒造りを行っています。また、古くは女人禁制と云われた酒造りにいち早く女性蔵人を活用し、昭和54年には全国初の女性酒造一級技能士が誕生しました。作家宮尾登美子さんが小説「蔵」執筆前に取材され、漫画「夏子の酒」でも取り上げられるなど、女性が活躍する酒蔵の先駆けとして知られています。

現在は全国各地の皆様に当蔵の様々なお酒をお楽しみいただいていますが、地元の定番酒は今も変わらず「王紋」です。新発田の方々は親しみをこめて当蔵を「王紋さん」と呼んでくださいます。これからも新発田の地で伝統を刻みながら、新時代の酒造りを目指します。

王紋酒造のアクセスと駐車場

●JR白新線「新発田駅」より徒歩で3分
●北陸自動車道「新潟西IC」より車で約40分

【駐車場】
●普通車:20台(無料)
●大型車:6台(無料)

王紋酒造の住所と電話番号

王紋酒造株式会社

〒957-0055
酒蔵:新潟県新発田市諏訪町3丁目1番17号
本社:新潟県新発田市本町1丁目7番5号

TEL:0254-22-2350(代表)
TEL:0254-22-5150(酒蔵見学) 
FAX:0254-23-6233

王紋酒造の酒蔵見学

王紋酒造のホームページ

王紋酒造の通販・オンラインショップ

Posted by 新潟の地酒