田中酒造 新潟県上越市

田中酒造の概要

田中酒造株式会社は、新潟県上越市の酒蔵です。

代表的な銘柄は『能鷹のうたか』です。

田中酒造の歴史

創業1643年(寛永20年)。
2021年で379年目を迎えており、えちごトキめき鉄道谷浜駅前に位置し、前方には日本海が広がり、後方には急な山並み、全国でも珍しい海・山に近く駅に近い酒蔵です。

屋号 能登屋(のとや)

その昔、石川県までお酒を船で運搬しておりました。その運ぶ者を「のと」と呼んでいたそうで、そこから屋号が「のとや」になったと伝えられております。

能鷹の由来

創業当初は「公乃松(きみのまつ)」という銘柄でございましたが、昭和18年に当時の店主「田中キミ」が、屋号である「能登屋(のとや)」の頭文字「能」と、店主の座右の銘の格言「能ある鷹は…」より「鷹」を戴き「能鷹(のうたか)」と命名いたしました。以来、この名前でご愛顧をいただいております。

昭和18年は全国的にも転業廃業が多くあった年で、当家も当時酒米の配給もままならない状況の中、廃業の話が何度となく話し合われたと言います。しかし、その話は当時の嫁(田中キミ 初代社長)には知らされておらず、廃業の当日、手続き行く前に当主(夫 田中直治)より知らされたとの話であります。当主の妻のキミさんは、夫の足につかまり廃業を制止し「私がやります」と言い廃業を止めたと言われております。

昭和18年~23年までは、酒米が殆ど手に入らず、冬期間10数名の蔵人は僅かな酒米でお酒を仕込んでいたそうです。

直治さんが亡くなり、キミさんは当時郵便局員(公務員)だった長男弘邦氏を店主といたしました。
その頃は「田中酒造店」と言い、会社組織ではなく「お店」だったので弘邦氏は公務員でありましたがお店の代表になれました。
実際は当然キミさんが酒屋業を経営しておりましたが、自分が前へ出るより長男弘邦氏を代表にすることで裏方より支える様は、正にキミさんが好きだった「能ある鷹は…」の格言に由来するのではないでしょうか。

田中酒造のアクセスと駐車場

えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン 谷浜駅より徒歩1分
えちごトキめき鉄道 直江津駅より車15分
北陸新幹線 上越妙高駅より車30分
北陸自動車道 名立谷浜I.Cより車10分
上信越自動車道 上越I.Cより車20分

【駐車場】
4台

田中酒造の住所と電話番号

田中酒造株式会社

〒949-1701
新潟県上越市長浜129-1

TEL:025-546-2311
FAX:025-546-2433

田中酒造の見学

只今、新型コロナウィルス感染対策のため、酒蔵見学は受け付けておりません。
再開の際は、ホームページにてご案内させていただきます。

田中酒造のホームページ

田中酒造の通販・オンラインショップ

Posted by 新潟の地酒