日本酒の保存?

実は日本酒には賞味期限がないため、長期保存が可能になっています。
しかし、間違った保存方法をとってしまうと、本来の酒質から変化したり、風味が損なわれる可能性があります。
正しい保存方法は日本酒の種類によって異なります。

日本酒は紫外線や高温に弱いとてもデリケートなお酒です。
最近の日本酒の瓶は桃色や青色など季節感を重視したものから、無色透明なものまで様々な種類がありますが、多くは茶色や緑色をしています。これは、中身の日本酒を紫外線から守るためです。
紫外線は太陽光だけでなく蛍光灯からも出ています。そのためお酒の専門店では、博物館などでも使用される紫外線をカットした照明をお店に採用したり、ショーケースのガラス面にUVカットを施したりしています。
自宅でできる対策としては、瓶を新聞紙で包む、箱に入れて保存するといったものがあります。付属の化粧箱に入れるのも有効です。

日本酒の保存に最適な温度は種類によって異なりますが、高温多湿の場所は避けて保存することが重要です。
高温の場所で長期間保存すると、劣化臭が発生し、品質の劣化を早めます。
日本酒は王冠や金属製のキャップで密閉されていますが、湿度の高い場所はキャップのサビやカビの原因になることがあります。
また、日本酒は急激な温度変化にも弱いため、一年を通して温度が一定の場所に保存することも大切です。

日本酒の酒質を変化させないためには、できるだけ空気に触れないように気を配る必要があります。
日本酒を保存する際、特に冷蔵庫に入れて保存する際に瓶を横向きにするのはあまりよくありません。これは、中身の日本酒と空気が触れる面積が大きくなってしまうためです。
また、横向きにすることでキャップに日本酒が触れてしまい、キャップの腐食の原因になってしまうこともあります。

そのため、日本酒の保存は縦置きが基本です。冷蔵庫での一升瓶の縦置きはなかなか難しいため、冷蔵保存する場合は4合瓶がオススメです。
小瓶に分けて保存するのも有効ですが、その場合は小瓶をしっかりと消毒・殺菌し、移し変えの際も雑菌が入らないよう注意しましょう。
また、冷蔵庫に入れて保存する際、ついドアポケットに入れてしまいがちですが、頻繁に開閉することで光に当たる機会も多く、振動により中身が空気に触れることも増えるため、できるだけ避けましょう。

〇吟醸酒・生酒・一回火入れの日本酒

吟醸酒は高温で保存すると特徴である華やかな香りを損なう場合があるため、冷蔵がオススメです。
生酒や一回火入れのお酒は他の日本酒と比べて酒質の変化が早いため、原則冷蔵保存し、味わいの変化を楽しみたい場合以外は早めに飲みきりましょう。

〇純米酒・本醸造酒・普通酒・古酒など、二回火入れの日本酒

二回火入れの日本酒は酵母が生きておらず、比較的酒質が安定しているため、冷暗所での保存が可能です。
ここでいう冷暗所とは、低い温度で安定している直射日光の当たらない風通しの良い場所です。
もちろん冷蔵庫に入れても問題ありません。気温が高くなりやすい夏場などは冷蔵庫に入れておくと安心です。

Posted by sake