「醸造アルコール」とは?

醸造アルコールとは、主にサトウキビを原料として発酵させた純度の高いアルコールのことを指します。
サトウキビ由来の香りや味わいは無く、スッキリとクリアな味わいです。

日本酒造りにおいては香味調整に使われることがほとんどです。
香り成分は水分よりもアルコールに溶けやすい性質を持っています。そのため、アルコール添加された日本酒の方が香りを感じやすくなります。

また、アルコールを添加することによって、軽やかでクリアな味わいへと変化します。アルコールの刺激が加わるため、キリッとした味わいがより感じられるようになります。

醸造アルコールと聞くと、悪酔いするというイメージがあったり、質が悪そう、と思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。
醸造アルコールは発酵によって造られた純度の高いアルコールのことを指し、合成アルコールなどとは全くの別物です。
体に悪いものは入っていないので、醸造アルコール自体が悪酔いの原因になることはありません。
また、アルコール添加は香味調整のために行うもので、これによりアルコール添加された日本酒の方が度数が高くなる、といったこともありません。

Posted by sake