熟成酒の楽しみ方

熟成を経たお酒は色合いが変化しています。
低い温度で熟成された淡熟酒はほんのりと黄味がかった色に、常温で熟成された濃熟酒は淡い黄金色から琥珀色になっています。
まずは透明なグラスに注いで、美しい色合いを楽しみましょう。

次はグラスを揺らしながらゆっくりと香りを楽しみます。
熟した果実のような奥深く独特な香りや、カラメルのような甘い香りを感じることができます。

熟成酒は大吟醸酒や吟醸酒であってもあまり冷たい温度は向きません。
温度が低すぎると熟成香が感じられなくなってしまうため、本来の味わいを楽しみたい場合は常温がオススメです。
熟成香が強すぎる場合は少し冷やすことで香りと味わいのバランスが良くなります。

また、お酒によってはぬる燗でも美味しくいただけます。しかし、熱燗にしてしまうとせっかくの香りが飛んでしまい、単調な味わいになってしまいます。
日本酒は温度が上がるにつれて甘味が増し、温度が下がることで甘味を感じにくくなっていきます。
少量ずつ試してみて、甘味がほしい場合は温度を上げ、甘すぎると感じたら温度を下げてみましょう。温度ごとに飲み比べてみるのも楽しみ方の一つです。

Posted by sake