「燗酒」とは?

おおよそ30℃~55℃の日本酒が燗酒に分類されます。「日向燗」「人肌燗」「ぬる燗」「上燗」「熱燗」「飛び切り燗」がこれにあたります。

日本酒は温度が上がるほど甘味や旨味を感じやすくなり、酸味を感じにくくなります。
また、香り成分は温度が上がるほどに発散しやすくなるため、より香りを楽しむことが出来ますが、同時にアルコール感も強くなります。

純米酒や本醸造酒など、しっかりとした味わいの日本酒が燗酒に向いています。口当たりもまろやかになり、より深いコクを楽しむことが出来ます。

日本酒の温め方は、湯煎や電子レンジなどがあります。
湯煎は電子レンジと比べて多少時間はかかりますが、温度にムラなく仕上がり、やわらかい日本酒本来の味わいが楽しめます。
鍋に徳利の半分程度の水を入れ、沸騰させます。沸騰したらすぐに火を止めましょう。ここでお酒の入った徳利を鍋に浸します。このとき、徳利の注ぎ口にラップをしておくと、香りが飛びにくくなります。
徳利や鍋の大きさ、素材の違いによりますが、おおよそ2~3分ほどで「上燗(45℃)」になります。徳利の底を触って、少し熱いくらいが目安です。お好みで時間を微調整してください。
調理用の温度計を使えばより自分好みに仕上がります。

電子レンジを使用する際は、短時間で温度が急激に上がるため注意が必要です。
500Wの電子レンジで常温のお酒を温めた場合、おおよそ40~50秒で「ぬる燗(40℃)」程度まで温まります。
徳利の細い部分と太い部分で温度にムラが出来てしまうため、加熱の途中で徳利を一度取り出し軽く振ります。再度電子レンジに入れ、自分好みの温度になるまで調節しましょう。
出来上がったら飲む前にマドラーなどでひと混ぜするのもおすすめです。

Posted by sake