「日本酒度」とは?

日本酒の味わいの目安の1つに、日本酒度というものがあります。これは+と-によって表されます。
日本酒度はお酒に含まれた糖分の量によって決まります。糖分が多いほどマイナスになり、糖分が少なく、アルコール分が多いほどプラスになります。

糖分が多いほうがマイナスになる理由として、糖分とアルコールの重さがあります。
水を基準にした際に、糖分は水より重く、アルコールは水より軽くなります。したがって、糖分が多いお酒はマイナス方向に沈みます。
反対に、糖分が少なく、アルコール分が多いお酒は水よりも軽くなり、プラス方向に浮きます。

日本酒度のプラスの度合いが大きいほど辛口に、マイナスの度合いが大きいほど甘口になる傾向がありますが、実際はアルコール度数、香りや酸度、飲み手のコンディションや感じ方で味わいは大きく変化します。
そのため、日本酒度だけで甘口・辛口をはかることは難しく、あくまで味わいを表す目安の一つとして考えます。

Posted by sake