「冷酒」とは?

おおよそ5℃~15℃の日本酒が冷酒に分類されます。「雪冷え」「花冷え」「涼冷え」がこれにあたります。

日本酒は一般的に、温度が下がるほどに香りが抑えられ、甘味や旨味、雑味を感じにくくなり、酸味が際立つスッキリとクリアな味わいになります。
もともと香りや味わいの強いお酒であれば、冷やすことによって香りが落ち着き、バランスの取れた味わいになります。
しかし、冷やし過ぎてしまうとそのお酒の持つ個性が失われ、面白みに欠けたものになってしまう可能性もあります。
日本酒を冷やす際には、主に冷蔵庫や流水、冷凍庫が使われますが、冷やし過ぎを防ぐため、あらかじめ時間を決めておくなどといった工夫が必要です。

さっぱりと日本酒を楽しみたいときや、香りや甘味の強い吟醸酒などに適した飲み方です。

Posted by sake