越後武士 さむらい

越後武士 さむらい

口コミ・レビュー

レビュー数 3
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

日本酒としては驚異的なアルコール度数46度。
ロックで氷の解け具合によって変わる味わいを楽しむのもいいでしょう。
ストレートでもいけますが、度数の割にのどごしが良いので飲み過ぎに注意です。

高度数らしく、日本酒の香りが極端に引き出されています。
原酒をものすご〜く濃くした感じでしょうか。
元の酒がしっかりしていないと、ここまでの飲みごたえは出てこないでしょう。
ものすごく美味い。お酒好きなら一度は試してみてほしいです。

46度だけあって、かなり強いお酒です!
口に含んだ瞬間、辛味が広がり、のどごしも凄く辛いです。
まさにまさに日本酒といった感じでしょうか。お酒に強い方におすすめ。

越後武士 さむらい

・分類:リキュール

・画像
(参照:玉川酒造株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:玉川酒造株式会社)

割って飲んだ場合、アミノ酸も糖質も通常の清酒の5分の1になり、ヘルシーなお酒です。
日本酒のウォッカと言える程の高アルコール酒ですが、一年間貯蔵して、味がまろやかになりました。アルコール度数 46度!!
オンザロックでグレープフルーツ果汁を1、2滴が最高です。
ライムで割ればさむらいロックの出来上がり。

一押しの飲み方はこれ
冷凍庫にいれると、凍らずにとろ〜〜〜んとなります、
舌触りがなんともいえません。是非お試しあれ。

46度のアルコールがありながら、アミノ酸が豊富です。

・シューイチで紹介されました。

日本酒に合うグルメ4位、アメ横入口のある御徒町駅そばの「へぎそば処 越後屋」。
昭和50年創業、へぎそばは新潟・小千谷の郷土料理。つなぎにふのりという海藻を使っている。
そばに合う日本酒として「越後武士」を紹介、アルコール度数は46度と通常の日本酒の3倍。アルコールに弱い方はそば湯割りで。

地区:中越
販売時期:通年販売
精米歩合:60%
原料米:五百万石・こしいぶき
アルコール度:46度
日本酒度:+66
酸度:1.0

蔵元情報

・蔵元名:玉川酒造株式会社
・代表銘柄:魚沼玉風味(うおぬまたまふうみ)
・住所:新潟県魚沼市須原1643
・創業:西暦1673年
・蔵元からのPR:創業330年の歴史ある酒蔵です。蔵人の伝統ある秘伝の技と裏山の中腹より湧き出る雪溶け水で造りあげた酒は格別の旨さ。
 酒蔵見学もやっており、10種類の酒が常時飲めますので是非いらっしゃってください。

蔵元おすすめ商品

越後武士(えちごさむらい)

「この地域は寒く寡黙な人が多いせいか、不言実行型の蔵人が昔から多かった。そんな職人らしさを表現したお酒です」(風間専務)。日本酒と同じ製法で造った46度の日本酒リキュール。

1年熟成させているので、アルコール度数が高いながらもまろやかな風味。余韻がスパッと切れるところは、まさに武士が刀を抜いたイメージそのもの。

魚沼 玉風味 本醸造

玉のようなまあるい風味が特徴の玉川酒造代表銘柄。「玉を描くと円。円は縁。縁があって人が集まったときに、その中心で飲まれる酒、愛される酒になりたいという思いがあります」(風間専務)。

風味よし。風格よし。風貌よし。淡麗旨口にて創業から地元でもっとも愛される1本である。

イットキー

「新しい日本酒の世界を広げるカギ」になれという想いを込めて「It’s the key」から生まれた1本。軽快な飲み口で甘さと酸味が特徴で、度数は12度。ステーキやピザ、ハンバーガーなどの洋食との相性抜群。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」2017メイン部門 最高金賞受賞。

「海外での販売を視野に入れた商品です。日本を表現する上で漢字はもう古いと思い、カタカナを採用しました。カタカナも日本固有のものです。文字を模様のように覚えてもらって、イットキーという日本酒を知っていると言われるようになりたいです。」(風間専務)。

越後武士 さむらいの飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『越後武士 さむらい』は、辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。