越後美人 大吟醸袋取り雫酒

越後美人 大吟醸袋取り雫酒

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

越後美人 大吟醸袋取り雫酒

・分類:大吟醸酒

・画像
(参照:立原商店)

商品説明・特徴など

(参照:立原商店)

35%まで磨き上げた、酒米「山田錦」を使い低温で長期にわたり醸し上げた、最高の醪を小さな小袋に移し、吊るして、自然に滴るお酒だけを集め瓶詰めした品物です。
濾過をしない生酒の状態で、瓶詰めし、一度だけ瓶火入れしました。
生酒にはない、ふくらみと豊かな味わいが、とても魅力的な仕上がりになっております。
鑑評会用として極少量生産されるお酒ですので売り切れの際はご容赦くださいませ。

地区:上越
販売時期:通年販売
精米歩合:35%
原料米:山田錦
アルコール度:17〜18度
日本酒度:+5
酸度:

蔵元情報

・蔵元名:上越酒造株式会社
・代表銘柄:越後美人(えちごびじん)
・住所:新潟県上越市飯田508
・創業:西暦1804年
・蔵元からのPR:社長自ら杜氏をつとめ、飲み飽きのしないお酒をつくっております。
 全てのお酒を昔ながらの槽(フネ)で二昼夜かけて搾っております。

蔵元おすすめ商品

越後美人 純米吟醸

研究を重ねた結果の精米歩合50%。なぜ純米吟醸が美味しいのか、考えてみたい1本。人肌、40度ぐらいがお勧めです。

越後美人 大吟醸袋取り雫酒

35%まで磨き上げた、酒米「山田錦」を使い低温で長期にわたり醸し上げた、最高の醪を小さな小袋に移し、吊るして、自然に滴るお酒だけを集め瓶詰めした品物です。
濾過をしない生酒の状態で、瓶詰めし、一度だけ瓶火入れしました。
生酒にはない、ふくらみと豊かな味わいが、とても魅力的な仕上がりになっております。

越の若竹 普通酒

レギュラー酒ながら、手しぼりによるふくよかな米の味わいがあり、シャープな切れ味のやや辛口のお酒です。普段飲みにお勧め。

越後美人 大吟醸袋取り雫酒の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『越後美人 大吟醸袋取り雫酒』は、やや辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。