萬寿鏡 清酒

萬寿鏡 清酒

口コミ・レビュー

レビュー数 3
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

香りが立ちすぎることもなく、辛口であるものの嫌味なし。
べたつきもなく喉越しも抜群です。肴も選ばず、食中酒として申し分ないですね

燗にしても淡麗さを失わない。一番のお気に入りです。

辛口でスッキリ。
安価な日本酒にありがちな変なにおいや後味もありません。
この味わいでこのお値段は大変お買い得だと思います。

萬寿鏡 清酒

・分類:普通酒

・画像
(参照:株式会社マスカガミ)

商品説明・特徴など

(参照:株式会社マスカガミ)

この酒は我が社の酒とは、と問われたとき少なくともこれが基準だ、標準だといえる品です。
普通酒としては全国でトップクラスの精米歩合を自負しています。

すっきりと飲みやすく、しかも旨みがあります。
冷やで良し、ぬる燗で良し、毎日の晩酌には最適な酒です。

地区:中越
販売時期:通年販売
精米歩合:60%
原料米:五百万石・こしいぶき
アルコール度:15度
日本酒度: +5
酸度:1.4

蔵元情報

・蔵元名:(株)マスカガミ
・代表銘柄:萬寿鏡・蔵之主・甕覗(ますかがみ・くらのぬし・かめのぞき)
・住所:新潟県加茂市若宮町1-1-32
・創業:西暦1892年
・蔵元からのPR:当社は、普通酒で60%という高精白米の使用と甕覗を中心としたユニークな製品とで21世紀に生き残ります。

蔵元おすすめ商品

清酒 甕覗

この酒は我が社甕詰品シリーズのうち、最初のオリジナル品です。
酒が一升甕に詰めてあり、添付してある柄杓で汲んで飲む嗜好の品です。
徳利や瓶から注いで飲む文化から、柄杓で汲んで飲む文化への啓蒙的かつ革命的な品と自負しています。

特別純米酒 萬寿鏡

純米酒、米だけで造った酒、だから良い酒、何に良いか、体に良い、の連想はナンセンスです。
どんな酒でも飲み過ぎなければ体に良い、が常識です。
ならば純米酒が評価されるとすれば、米だけで造るという神代の昔からの最も古典的な酒であるから、と極言するしかないと思います。
過去の追憶だけで良しとするのは思い過ぎだが、純米酒ほど新しい技術と感性の要求される酒はないのです。この酒はいわば新古典の品です。
この酒はワンランク上の商品に匹敵する米の磨きで、純米酒にありがちな雑味を限りなく削り、米本来のマイルドな旨みを演出した本格派の酒です。

特別本醸造 萬寿鏡

この酒は日常飲む酒として、充分完璧に堪能できる酒として位置づけている品。
値段も手頃で毎日飲む酒としては、我が社のお奨め品です。
平均精米歩合56%と、吟醸酒なみに磨いた米で醸し、華やかさはないが、それだけに飲み飽きしない。
辛口の玄人好みの酒です。

清酒 萬寿鏡

この酒は我が社の酒とは、と問われたとき少なくともこれが基準だ、標準だといえる品です。
普通酒としては全国でトップクラスの精米歩合を自負しています。
すっきりと飲みやすく、しかも旨みがあります。
冷やで良し、ぬる燗で良し、毎日の晩酌には最適な酒です。

黒瓶 甕覗

この酒は、当社製品「甕覗」と同じ酒を瓶詰めにした製品です。
甕覗の詰め替え品としても利用していただけます。

甕大黒

吟醸酒をガラス製の甕詰めにした製品です。
毎年10月から3月までの期間限定品として、「甕爽々」と対をなす位置づけで販売しています

甕爽々

この酒は我が社甕詰製品シリーズの、初のガラス製品。
ガラスの透明感と生貯蔵酒の清涼感により、涼しさを演出したものです。
毎年、5月から9月までの夏季限定販売により出荷しています。
ご家庭用はもちろんのこと、お中元等のご贈答にも大変好評を得ています。

萬寿鏡 柚子酒

このお酒は、清酒 萬寿鏡をベースとした柚子リキュールです。
半分にスライスした柚子を直接清酒に漬け込んで造っています。
苦さと甘さの調和がおいしいと、ご好評をいただいています。

萬寿鏡 梅酒

この酒は 、清酒萬寿鏡をベースに梅の実を漬け込んで造った梅リキュールです。
毎年6月頃に収穫されたばかりの新梅を数か月間漬け込んで年末近くに新酒が出来上がります。
日本酒の風味が残っていておいしいと、ご好評をいただいています。

萬寿鏡 清酒の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『萬寿鏡 清酒』は、辛口のお酒です。
幅広い温度帯でお楽しみいただけます。