よしかわ杜氏 大辛口

よしかわ杜氏 大辛口

口コミ・レビュー

レビュー数 1
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

優しい口当たりから、微かに感じる米の甘味。余韻には舌や口内にヒリヒリとした辛味を残していきます。
全体的にキレのあるスッキリとした少し辛めのお酒です。

よしかわ杜氏 大辛口

・分類:普通酒

・画像
(参照:株式会社よしかわ杜氏の里)

商品説明・特徴など

(参照:株式会社よしかわ杜氏の里)

【抜群のキレと辛口感の中に光る、充実した米の旨み】
よしかわ杜氏の郷で一番辛口のお酒です。
麹米には地元産五百万石を、掛米には「こしいぶき」をそれぞれ吟醸酒並みの60%にまで削って使用し、
もろみ期間を充分にとってアルコールの使用を最小限に控えた贅沢な造りの普通酒です。
清冽な湧水を思わせるキレのよさをほこり、滑らかでふくよかな尾神岳のブナ林の原水のイメージそのままの味わいの中に、お米の甘さや旨さが見え隠れし、飲み口はあくまでもシャープ。
普通酒ですのでアルコールを添加しておりますが最小限の使用にとどめており、アルコール由来の舌にピリピリ・ツンツンする感触は皆無。
お燗ではさらに辛口感と深みのある味わいをお楽しみいただけます。

【吉川区産五百万石を使用】
上越市吉川区は、新潟を代表する酒米・五百万石の最大産地。定評ある品質で、新潟県内各地の有名蔵元に出荷されています。
本品に使用している五百万石はもちろん吉川区産。植物の生命力を引きだして頑健な稲を育てて栽培しています。
このため、米は雑味の原因となるタンパク質が少なく糖度が高い上、精米度合いを高くしても割れず、麹菌がしっかりと中に入ってゆくという、酒米として最高の品質になっています。

地区:上越
販売時期:通年販売
精米歩合:60%
原料米:五百万石・こしいぶき
アルコール度:15〜16度
日本酒度:+8
酸度:1.0

蔵元情報

・蔵元名:株式会社よしかわ杜氏の里
・代表銘柄:よしかわ杜氏・天恵楽・有りがたし
・住所:新潟県上越市吉川区杜氏の郷1番地
・創業:西暦1999年
・蔵元からのPR:弊社は、吉川町の情報発信及び農産物の付加価値向上を目指し、地域活性化の任務を柱に1998年第三セクターとして設立されました。
よしかわは魚沼と肩を並べる品質を誇るコシヒカリや、新潟県下ではトップの生産量を誇る酒米の生産地です。
また、よしかわは「杜氏のふるさと」でもあります。よしかわでは元禄4年(1691)から酒造りが行われ、以来近世を通じ現吉川町域の27の集落に酒造りを営む酒屋がありました。
現在なお百数十名の酒造技術者集団が存在しており、新潟県一の杜氏輩出地なのです。

蔵元おすすめ商品

天恵楽 特別純米酒

よしかわ産永田農法の五百万石を、吟醸酒レベルの60%にまで削って作りました。
掛米も同じ五百万石。淡麗な口あたりながらも、お米の旨みが際立っています。
よしかわ産五百万石の素晴らしさを実感していただけるお酒です。

よしかわ杜氏 大吟醸

40%にまで削った最上級の山田錦だけで造った大吟醸酒です。
尾神岳の清冽な原水の、滑らかでふくよかな味わいに、キレ味と濃醇な山田錦の旨みが加わって、抜群の喉越しです。
きれいな酸味のため、あとくちも爽やか。永田農法山田錦の神髄を感じていただけるお酒です。

有りがたし

よしかわ産の酒米・山田錦は雑味の原因となるタンパク質が低く、しかも糖度が高いという、酒米としては最高の特質があります。
その特徴を最大限に発揮した酒を、と造ったのが、「有りがたし」です。
通常は40%から50%まで削って大吟醸酒や吟醸酒に用いる山田錦を、殆ど玄米に近い、90%精米での酒造り。
窒素系の肥料を与えていないためにタンパク質も糠臭さも少ない、よしかわ産の永田農法米ならではの味を目指したのです。
バナナやバニラのような豊かな香り、奥深い米の旨み、親しみやすいお米の甘さ。
豊かで力強い味わいの中にしっかりとした酸味が立ち上がり、抜群のキレで消えていきます。
「淡麗辛口」とは全く正反対の、未知の美味しさ。私たちの誇るよしかわ産山田錦の力強さをそのままお酒に移した、新しいタイプの日本酒です。

よしかわ杜氏 大辛口の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『よしかわ杜氏 大辛口』は、辛口のお酒です。
幅広い温度帯でお楽しみいただけます。