日本酒のリキュールとは?

一般的にリキュールは蒸留酒に果実やハーブなどの風味を移したお酒のことを指しますが、日本では日本酒などの醸造酒でつくられたものもリキュールに分類されます。
最近では日本酒にゆずやもも、いちごにマンゴーなど、フルーツのエキスをプラスしたお酒もよく見かけます。
これらのお酒は日本酒の風味を残しつつ、口当たりがよくアルコール度数も低いものが多いため、日本酒初心者の方にもオススメです。
中にはヨーグルトベースの日本酒リキュールや、卵を使ったカスタードのようなものまであります。

また、アルコール度数が高すぎるためリキュールに分類されている清酒もあります。
酒税法で清酒のアルコール度数は22度未満と定められているため、日本酒の製法で造られていたとしてもアルコール度数22度以上の清酒はリキュールとなります。

Posted by sake