学校蔵発 辛口産経 純米酒

学校蔵 辛口産経 純米酒

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

学校蔵発 辛口産経 純米酒

・分類:純米酒

・画像
(参照:産経ネットショップ)

商品説明・特徴など

(参照:産経ネットショップ)

第4弾も産経らしい、きりっとした辛口に。
新潟・佐渡の地域振興を支援する目的で平成28年から醸造している産経オリジナル純米酒「佐渡 学校蔵発 辛口産経」。
4年目を迎えた令和元年も地元佐渡の「尾畑酒造」の杜氏らが苦労の末、ピリッと辛い中に深みのある「辛口産経」を造り上げました。

学校蔵は、尾畑酒造が平成26年、廃校になった小学校の木造校舎を酒造場に再生。「酒造」「学び」「交流」「環境」の4つのキーワードを掲げ、佐渡と島外をつなぐ地域振興の場として活用しており、辛口産経もここで醸造されています。
平成28年に始まった「辛口産経」づくりは、産経新聞新潟支局の記者が、酒米となる「越淡麗」の田植えから体験、初夏には約1週間佐渡に泊まり込んで、学校蔵で麹づくりから仕込みを行いました。
29年の第2弾、30年の第3弾も記者が仕込みを体験しましたが、今回は海外から酒造りを学びに来た3人の外国人に仕込みを手伝ってもらいました。

杜氏の中野徳司さんの指導のもと、辛口産経を仕込んでくれたのは、日系アメリカ人3世のデビッド・サカモトさん(57)、オーストラリアのマイケル・ロビンソンさん(44)、香港のユミー・チックさん(37)。
3人とも日本酒造りに興味があり、SNSなどで学校蔵のことを知り来日。
佐渡に1週間泊まり込んで仕込みを体験しました。そのあとは杜氏らが温度管理など発酵具合をきめ細かにチェック。7月に旨みのある酒が搾られました。

完成した辛口産経の日本酒度は、前年と同じプラス10。ピリッと辛い中に深みのある幅広い味わいがします。
その後にほんのり杉の香りが鼻に抜けます。尾畑酒造の尾畑留美子専務が「学校蔵の応援団長」と評する存在感です。
旬の味覚に合わせてお召し上がりになるのであれば、少し冷やすか常温がおすすめです。美しい佐渡の風景を想像しながら、今年もきりっとした辛口をお楽しみください。

第4弾は四合瓶(720ミリリットル)のみ、限定1000本。

地区:佐渡
販売時期:7月頃
精米歩合:
原料米:越淡麗
アルコール度:18.2度
日本酒度:+10
酸度:非公開

蔵元情報

・蔵元名:尾畑酒造株式会社
・代表銘柄:真野鶴(まのつる)
・住所:新潟県佐渡市真野新町449
・創業:西暦1892年
・蔵元からのPR:米・水・人、そして佐渡−四つの宝を和して醸す「四宝和醸」を掲げ、盃を重ねる毎に旨みが増す酒造りを。

蔵元おすすめ商品

真野鶴 万穂

華やかなフルーツを思わせる優雅な香り、柔らかな口当たり、豊かな風味。
IWC2007日本酒部門で「金メダル」受賞、また2001年以降、全国新酒鑑評会にて実に7回もの金賞に輝くなど、これまでに多くの栄誉に輝いています。

真野鶴 実来

契約栽培による佐渡産の越淡麗を100%使用。精米歩合35%の「純佐渡産」プレミアム大吟醸。

真野鶴 大吟醸

フルーティな香り、淡麗で軽快な味わい、まろやかな喉越し。女性にも飲みやすい軽快で柔らかな大吟醸。
180mlサイズは、エールフランス航空ファーストクラス&ビジネスクラス機内酒に採用されています。

真野鶴 純米吟醸原酒

純米吟醸を無調整原酒でビン詰め。お米本来の自然な味わいが生きる風味豊かな原酒です。

真野鶴 辛口吟醸

爽やかな香り、透明感のある辛口吟醸。いろんなタイプのお料理に合わせやすい優しい辛口です。

真野鶴 辛口純米酒

純米としては日本酒度+15以上という全国で1,2を争う超辛口。大吟醸並みの醪日数である30日以上の長い期間を掛け、じっくり仕込みました。
純米酒ながらスッキリしていてキレ味鮮やか。食中酒として最適です。

真野鶴 純米鶴

すっきり辛口タイプの純米酒。お食事の邪魔をしない、まさに晩酌にぴったりのお酒。冷酒、常温、お燗。温度によっても楽しみ方がいろいろです。

真野鶴 辛口鶴

飲み口が柔らかく透明感あふれるサラリとした酒。程よい酸味と奥行きある旨味があり、常温、冷酒はもちろん、燗でも美味しく召し上がれます。

学校蔵発 辛口産経 純米酒の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『学校蔵 辛口産経 純米酒』は、辛口のお酒です。
幅広い温度帯でお楽しみいただけます。