本醸造 生酒 金鶴

本醸造 生酒 金鶴

口コミ・レビュー

レビュー数 2
5
50%
4
50%
3
0%
2
0%
1
0%

金鶴らしい甘みが口いっぱいに広がり、適度な酸味でキレます。
心地よい香りも手伝ってとても飲みやすいです。

ラムネのような甘味と旨味が来てから、スッキリとキレていきます。
冷蔵庫でキリっと冷やして飲むと最高です。

本醸造 生酒 金鶴

・分類:本醸造 生酒 

・画像
(参照:有限会社加藤酒造店)

商品説明・特徴など

(参照:酒のかどや)

この冬に仕込んだ本醸造を炭素濾過をせず生まれたての味をそのまま生酒で瓶詰しました。
ほのかな果実の様な香りと、やや辛口のすっきりとした飲み口が特徴です。
暖かくなるこれからの季節だからこそ、軽く冷やして生酒のフレッシュ感をそのままにお楽しみいただけます。
※定番の「金鶴 本醸造」とは違った酵母を使用し、生酒らしい新鮮な風味に仕上げました。

地区:佐渡
販売時期:通年販売
精米歩合:麹米60%・掛米65%
原料米:五百万石
アルコール度:15.8度
日本酒度:+5.3
酸度:1.5

蔵元情報

・蔵元名:有限会社加藤酒造店
・代表銘柄:金鶴(きんつる)
・住所:佐渡市沢根炭屋町50番地
・創業:西暦1915年
・蔵元からのPR:平成5年、良水を求めて廃業していた蔵元の地へ製造場を移転。米から手掛ける酒造りを基本にして減肥栽培米、環境に配慮した米造りなど取り組んでいます。
 新潟清酒学校卒の池田杜氏を筆頭に10名弱の蔵人で酒造りに精進しています。

蔵元おすすめ商品

普通酒 金鶴

地元佐渡の晩酌酒として、冷でも燗でもひろく飲まれています。

純米 風和

米の風味がほのかにただようソフトな飲み口で、その品質が佐渡の風土であり、その風土をお伝えしたいと思っています。

純米 拓

環境に配慮し、生き物を育む農法にチャレンジした無農薬・無化学肥料で栽培した、たかね錦を原料米としています。
すっきりとした味わいは飲みあきせず、料理とマッチし、特にぬる燗がおすすめです。

本醸造 生酒 金鶴の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『本醸造 生酒 金鶴』は、辛口のお酒です。
冷やしてお召し上がりください。