こしのはくせつ 大吟醸

こしのはくせつ 大吟醸

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

こしのはくせつ 大吟醸

・分類:大吟醸酒

・画像
(参照:弥彦酒造株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:地酒屋サンマート)

初代が定めた「多くの石数を造らず、必ず精醸を期す〜」という家訓を基に「食との調和を極めた酒造り」を目指して醸し上げられる、越乃白雪の大吟醸です。

越乃白雪の最高峰に位置するこの酒は、総米700kgという極めて小さなタンクにて、「旨い酒は小仕込で丁寧な手造りから生まれる」ということを実践して醸造されいます。

越後の名峰「弥彦山」の伏流水を仕込水に、原料米には弥彦村産「山田錦」を全量に用いて、自社精米で40%まで磨き、自社酵母で仕込まれています。

全量自家製精米、麹蓋による丁寧な麹造り、そして生まれたままの上質な香味を損なわぬように、無濾過、無炭素、瓶燗火入れの冷蔵庫管理にこだわり、出品酒と同様の工程を踏んだ手作業による丁寧な造りで醸造されています。

立ち香、含み香ともに、強調されすぎずに上品で心地よいフルーティーな吟醸香。酵母の新潟G9号は沈んだ重い香りになってしまうことがありますが、優しく口中で広がる含み香を上手く引き出し、洗練された品のある香りを感じます。

香味のバランスも良く、無濾過とは思えないほどの綺麗な酒質の中にふくらみのある上品な旨味が感じられます。 最高の原料米、仕込水、丁寧な手造りから生まれるコストパフォーマンス抜群の大吟醸です。

地区:下越
販売時期:通年販売
精米歩合:40%
原料米:山田錦
アルコール度:17度
日本酒度:+3〜4
酸度:1.3

蔵元情報

・蔵元名:弥彦酒造株式会社
・代表銘柄:泉流 こしのはくせつ(いずみりゅう こしのはくせつ)
・住所:新潟県西蒲原郡弥彦村上泉1830-1
・創業:西暦1838年
・蔵元からのPR:《雪のように清く 湧き水のように尊い 本物の国酒を愛する人へ》
 弥彦山伏流水のみを使用し、最高級酒米を高精米にて、手仕込・小仕込・寒仕込で醸しております。

蔵元おすすめ商品

泉流 こしのはくせつ 特別純米酒

弥彦村産越淡麗100%使用の特別純米酒。上品な香りと爽やかな味わい、程よい酸味が絶妙の理想的な純米酒です。

泉流 流千光輝 麗輝

希望を与え続ける“光”のように、幾重にも重なり流れ、輝きや鋭さを感じさせる「食との調和」をコンセプトに造られた流千光輝シリーズの内の1本。
貴婦人にも似た落ち着きと麗しさを感じさせる上品な純米吟醸酒。

純米吟醸 彌彦愛国

「農業から醸造まで全量弥彦産の酒」を目標に発足された彌彦愛国プロジェクトから生まれた酒。
三大ジャポニカ米である古代米“愛国”を弥彦の地で育て上げられ収穫し、弥彦山山頂に1本のみ自生する“ヤヒコザクラ”より分離・培養された酵母、弥彦山伏流水を使用し弥彦酒造にて醸造。
ラベルも弥彦村在住の書家が1枚1枚手書きという弥彦100%の純米吟醸酒。本数限定商品となっております。

こしのはくせつ 大吟醸の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『こしのはくせつ 大吟醸』は、やや辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。