越の鶴 純米吟醸

越の鶴 純米吟醸

口コミ・レビュー

レビュー数 1
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

人に勧められて試しに買ってみましたが、実に美味しいです。
さらにお肌の調子まで良くなりました。スゴイです。

越の鶴 純米吟醸

・分類:純米吟醸酒

・画像
(参照:越銘醸株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:山善酒店)

栃尾は日本名水百選の泉が湧きだし、冬には積雪が2mにも3mにもなる山間の盆地で、豪雪山地の指定地区のお米を使い、純米らしさを意識させないすっきりとした味わいとコク。

そして控えめな吟醸香のバランスがお酒を楽しむ人にとっては最高の逸品です。

地区:中越
販売時期:通年販売
精米歩合:50%
原料米:五百万石
アルコール度:15度
日本酒度:+2〜4
酸度:1.5

蔵元情報

・蔵元名:越銘醸株式会社
・代表銘柄:大吟醸 越の鶴(だいぎんじょう こしのつる)
・住所:新潟県長岡市栃尾大町2-8
・創業:西暦1845年
・蔵元からのPR:地元の酒としての伝統を守りながらも、時代の流れに合った酒質を求め酒を造り続けています。

蔵元おすすめ商品

別撰 越の鶴

きめ細やかで、且つのど越しのすっきりとした淡麗やや辛口のあじわいで、1ランク上の普通酒です。

純米吟醸 越の鶴

サラリとのどを通る、淡麗辛口タイプ。純米吟醸酒ならではの米のうま味は冷やにしても十分なほど味わえます。

大吟醸 越の鶴 鑑評会出品酒

約50日という時間をかけて丁寧に醸した杜氏と蔵人の技術と魂がこもった一品。
新潟県酒造好適米の「越淡麗」のみを使用し、酒造りの原点に戻り、手間暇を惜しまず作り上げた複雑かつ芳醇な味わい。越銘醸を代表するお酒です。

越の鶴 純米吟醸の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『越の鶴 純米吟醸』は、やや辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。