越の鶴 プレミアム本醸造

越の鶴 プレミアム本醸造

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

越の鶴 プレミアム本醸造

・分類:本醸造酒

・画像
(参照:越銘醸株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:山善酒店)

一昨年3月15日に越の鶴から「越の鶴プレミアム」が新登場しました。

新潟酒の陣でお披露目をして1年間売っていこうと準備したのですが、あまりにも好評で発売2日で1年分の予定数量を完売。

昨年は1.5倍のお米を確保して増産しましたが12月に完売。今年も昨年と同じ生産量ですので途中で完売してしまうと思われます。十分な手当をお願いします。

ということで酒米は主に品評会に出品する大吟醸酒を造るときに使われる山田錦を100%使用し、お米の調達は昨年同様で地元、新潟県長岡産を100%使用し価格も昨年と同じです。精米歩合も高く、お米の中心部の55%だけを使用して何とも贅沢に作りました。

酵母は新潟発の新酵母「G9CRarg」を使用したため今までにない透明感のある豊かで華やかな果物のようなフルーティーな香りが特徴的です。

完熟したリンゴやパイナップルを思わせるジューシーな香りやメロンを思わせる濃厚でフルーティーな香りが広がり、

本醸造酒なのにまるで大吟醸酒の香りと勘違いしてしまうような華やかな香りに新酵母の力を感じます。

アルコール度数も高く設定してありますので香りの立ちも良く、しっかりした骨格と力強さにお米由来の上品でふくらみのある味わい。

適度な酸がボディーを引き締め、程よいところで切れの良い辛口に仕上がっています。そのバランスの良さは確かな酒造りの技、技術の高さ、お酒のポテンシャルの高さを感じさせてくれます。

香りよく、口の中でサラッと溶け込んで旨みを存分に楽しめ、飲み込むとキリっと消えるお酒になっております。

飲み飽きせず、また飲みたくなるお酒になってます。

通常、本醸造酒はお燗に適しているお酒としてご紹介しておりますが、このお酒はどちらかというと冷やで吟醸酒の感覚でお召し上がりいただくのがよろしいかと思います。

1年に一度の寒仕込みのため製造量が限られておりますので早めのご注文がよろしいかと思います。

地区:中越
販売時期:3月頃
精米歩合:55%
原料米:山田錦
アルコール度:16.4度
日本酒度:+2〜4
酸度:

蔵元情報

・蔵元名:越銘醸株式会社
・代表銘柄:大吟醸 越の鶴(だいぎんじょう こしのつる)
・住所:新潟県長岡市栃尾大町2-8
・創業:西暦1845年
・蔵元からのPR:地元の酒としての伝統を守りながらも、時代の流れに合った酒質を求め酒を造り続けています。

蔵元おすすめ商品

別撰 越の鶴

きめ細やかで、且つのど越しのすっきりとした淡麗やや辛口のあじわいで、1ランク上の普通酒です。

純米吟醸 越の鶴

サラリとのどを通る、淡麗辛口タイプ。純米吟醸酒ならではの米のうま味は冷やにしても十分なほど味わえます。

大吟醸 越の鶴 鑑評会出品酒

約50日という時間をかけて丁寧に醸した杜氏と蔵人の技術と魂がこもった一品。
新潟県酒造好適米の「越淡麗」のみを使用し、酒造りの原点に戻り、手間暇を惜しまず作り上げた複雑かつ芳醇な味わい。越銘醸を代表するお酒です。

越の鶴 プレミアム本醸造の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『越の鶴 プレミアム本醸造』は、辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。