越乃雪椿 Grand-Cuvée 純米大吟醸原酒

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

越乃雪椿こしのゆきつばき Grand-Cuvée 純米大吟醸原酒じゅんまいだいぎんじょうげんしゅ

・分類 純米大吟醸酒 原酒 無濾過

・画像
(参照:雪椿酒造株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:雪椿酒造株式会社)

出来上がったばかりの美味しさをそのままお客様に伝えたい。
この願いが、Grand-Cuvée(グラン・キュヴェ)の原点です。

越乃雪椿Grand-Cuvéeは、単一の仕込みから最初に搾られるごくわずかな微炭酸を含んだお酒です。
純米酒の可能性を追求したGrand-Cuvée最大の特徴は、醸造したロット(Episode)ごとにお酒の味わいが異なること。その時限りの貴重な逸品として、Episode番号の数だけ違うお酒との出会いがあります。一番搾りでしか味わえない一期一会の特別な純米大吟醸原酒です。

雪椿酒造は2011年純米蔵に転身し、「新潟の酒=淡麗辛口」が主流の中で「透明感のある旨口」の純米酒にこだわり試行錯誤を重ねてきました。
純米酒造りはお米と米こうじのみで個性を表現するため、杜氏の技量が試される日本酒造りのなかで最も難しい製法のひとつです。ゆえに仕込みごとに味わいの違いも明確に表れます。
そこに目を付け、仕込み単位で味わいの違うバラエティーに富んだ、しぼってそのままの美味しいお酒を楽しんでいただきたいと考えました。
そして誕生したのが「越乃雪椿Grand-Cuvée」(グラン・キュヴェ)です。

*『Grand』は偉大や特別という意味で、『Cuvée』は搾る際に自然に流れ出る一番搾りのお酒を意味しています。

ボトルに描かれる雪の結晶は、純米酒を極める雪椿酒造が技術のすべてを結集したお酒であることを表し、Grand-Cuvéeが最高峰ブランドであることの証です。
星の数は、雪椿酒造が純米蔵に転身してからの全国新酒鑑評会における金賞の受賞回数を表しています。
数字は、醸造年度(Brewery Year)=ヴィンテージ年度を表しています。

搾りの際に自然に流れ出る無加圧のお酒をそのまま丁寧に直詰し、瓶内の酵母の活性を促しました。しぼりたてに含まれる炭酸ガスをそのまま封じ込めることで、口に含んだ時に感じる微かなガス感と、フルボディでありながら上質で品格ある味わいに仕上げています。醸造タンクごとにEpisodeナンバーと限定本数を記載し、一期一会の商品としてより貴重な逸品としました。ぜひ冷やしてお楽しみください。
口に含むと、爽やかな微炭酸と瑞々しい香りが優美に広がります。透明感のある繊細な味わいのなかにも、原酒ならではのコクとお米本来の贅沢な旨みが感じられるラグジュアリーな純米大吟醸原酒です。

雪椿Grand-Cuvéeは和食や洋食など、どんな料理にも絶妙に調和します。
特に、お寿司やカルパッチョなどの魚介系、グラタンやチーズなどのクリーム系、生ハムやローストビーフなどの肉料理と相性が良いです。

地区:中越
販売時期:冬季
精米歩合:40%
原料米:山田錦
アルコール度:17度
日本酒度:±0
酸度:

蔵元情報

・蔵元名:雪椿酒造株式会社
・代表銘柄:
・住所:新潟県加茂市仲町3-14
・創業:1806年
・蔵元からのPR:全量手造りの吟醸蔵

蔵元おすすめ商品

純米吟醸 ゆきつばき

純米吟醸 ゆきつばき

杜氏が米の持つ魅力を最大限に引き出すよう繊細な醪の状態を見極めながら手塩に掛けて醸したきめ細かな旨みと華やかな含み香が冴える味わいです。

純米吟醸 花 越乃雪椿

純米吟醸 「花」 越乃雪椿

手造りにこだわり高品質を追求する雪椿酒造が造った新潟の地酒です。
厳選し磨きぬいた米と、鮮烈な天然水だけを使用して醸し出した純米吟醸酒。低温発酵によるきめ細やかな旨みと華やかな含み香が冴える味わいです。

越乃雪椿 Grand-Cuvée 純米大吟醸原酒の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『越乃雪椿 Grand-Cuvée 純米大吟醸原酒』は、甘口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。