白龍 純米大吟醸 K-1801

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

白龍 純米大吟醸 K-1801

・分類 純米大吟醸酒

・画像
(参照:白龍酒造株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:白龍酒造株式会社)

「白龍 純米大吟醸K-1801」は、「もっと香り豊かなお酒を飲みたい」というお声を多くいただいたことから造った純米大吟醸酒です。

酒を仕込む時に使う酵母に「協会酵母1801」という「華やかな香り」や「柔らかな香り」を発する成分を多く作り出し酸度を低く抑える働きのある酵母を使用し、酒米に新潟県産「五百万石」を100%使って、越後の蔵人たちが寒さの厳しい時期に丁寧に造りました。

繊細な甘みとほのかな酸味が全体のバランスを取り、リンゴやバナナのような果実の香りに包まれる爽やかな酒に仕上がっています。
その味わいは優しく爽やかで、口当たりは滑らか、やや辛口の柔らかい辛さが広がります。

酒造りの一部の工程に機械を使用し、精米歩合を50%にすることで、純米大吟醸酒ながら抑え目の価格になっています。ぜひ大吟醸酒の華やかな香りをお楽しみください。

冷蔵庫などでよく冷やしてスッキリと味わうか、常温で存分に風味をお楽しみください。

地区:下越
販売時期:通年販売
精米歩合:50%
原料米:五百万石
アルコール度:16度
日本酒度:±0
酸度:1.5

蔵元情報

・蔵元名:白龍酒造株式会社
・代表銘柄:大吟醸 白龍(だいぎんじょう はくりゅう)
・住所:新潟県阿賀野市岡山町3-7
・創業:西暦1839年
・蔵元からのPR:地元農家と契約栽培し、酒造りに最適な米や有機農法栽培の米などを使用して、いい酒造りを目指しています。

蔵元おすすめ商品

特撰大吟醸 笹屋茂左衛門

モンドセレクション12年連続金賞受賞、最高金賞5回受賞。
酒米の最高品種「山田錦」と「越淡麗」を38%に高精白し、米の芯だけを贅沢に使って低温でゆっくりと醸しました。
芳醇な香りと、あくまでも淡麗な味わいが楽しめます。

契約栽培米五百万石吟醸 白龍

地元農家と契約栽培している酒米「五百万石」100%使用。
スッキリとした辛口の味わいと芳醇な香りが楽しめる吟醸酒です。

契約栽培米純米吟醸 白龍

地元農家と契約栽培している酒米「五百万石」100%使用。
軽快な味わいの、飲むほどに旨くなる純米吟醸酒です。

白龍 純米大吟醸 K-1801の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『白龍 純米大吟醸 K-1801』は、やや甘口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。