純米吟醸生原酒 天神囃子

純米吟醸生原酒 天神囃子

口コミ・レビュー

レビュー数 1
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

旨い酒です。飲みすぎ注意。
うっかり旨さに負けて飲んでいると立てなくなります。

純米吟醸生原酒 天神囃子

・分類:純米吟醸酒 生酒 原酒

・画像
(参照:オンラインショップ クロステン十日町)

商品説明・特徴など

(参照:オンラインショップ クロステン十日町)

人気の天神囃子の純米吟醸酒の生原酒です。
天神囃子の看板ともいえる純米吟醸酒ならではの、柔らかく優しい味わいを強く味わえます。
酒米は越淡麗を50%精米してあり、アルコール度は17度と高く生原酒ならではの香りや口当たりが楽しめます。

地区:中越
販売時期:3月頃
精米歩合:50%
原料米:越淡麗
アルコール度:17.1度
日本酒度:-3.5
酸度:1.8

蔵元情報

・蔵元名:魚沼酒造株式会社
・代表銘柄:特別本醸造天神囃子(とくべつほんじょうぞうてんじんばやし)
・住所:新潟県十日町市中条丙1276
・創業:西暦1873年
・蔵元からのPR:十日町市の山際に位置し、新潟県の酒米を魚沼山系の伏流水で仕込んでいる、辛口の多い新潟県では異色ともいえる旨口にこだわる酒蔵。

蔵元おすすめ商品

天神囃子 大吟醸

越淡麗を100%使った大吟醸。精米を39%と徹底的に磨きながらも米本来の味を損ねず、米の旨さをきちんと感じさせる飲み口。

口中に広がるフルーティな香りは飲み飽きせず、すっきりとした後口。どんな料理も陰で支える世話女房のような存在。

天神囃子 特別純米酒

新潟の酒米、「五百万石」を55%まで精米して、ゆっくりと醸された特別純米酒。後味の軽さと米からくる旨味は食事と相性が抜群。「冷酒でも常温でも美味しいお酒ですが40度強くらいの燗にすると、米らしい甘みがふっくらと膨らんできて又別の味わいが楽しめます」(山口社長)

天神囃子 特別本醸造

『天神囃子』といえば、やはり特別本醸造!と誰もが太鼓判を押す逸品。五百万石とこしいぶきの2つの米から来るきめ細かい旨味と後味の軽やかさが特徴。ここちよき芳香がある。ボディがあるお酒なので、燗して良し、冷やして良し、常温が又美味しい、という懐の深さだ。

純米吟醸生原酒 天神囃子の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『純米吟醸生原酒 天神囃子』は、甘口のお酒です。
冷やしてお召し上がりください。