加茂錦 「荷札酒」 純米大吟醸 雄町

加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 雄町

口コミ・レビュー

レビュー数 2
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

開栓。うっすらと香が漂います。
口当たりは濃厚な旨口甘口で、とろりとしたまったり感があります。
辛さもアルコール感もそこまで強くなく、そのまま抜けていくような味わいでした。
新潟ということで淡麗辛口をイメージしていましたが、いい意味で裏切られました。新潟観が変わります。美味しいお酒でした。

鼻に抜ける爽快な香り。ミントやバニラ、そしてラ・フランスのような甘さも。素敵な香りです。
口に含むと凄くなめらか。芳醇なブドウのような味わいです。苦味は無く、かすかに酸を感じます。
飲み下せばやや甘さを残しつつ、じんわりと辛さが。バニラのような香りの余韻もあります。
なんとも甘さの抜けが素晴らしい。コスパのいいお酒です。

加茂錦 「荷札酒」 純米大吟醸 雄町

・分類:純米大吟醸酒

・画像
(参照:大和屋酒舗)

商品説明・特徴など

(参照:大和屋酒舗)

加茂錦の若き杜氏、田中悠一氏の醸す加茂錦 荷札酒シリーズ。

香りは穏やか、リンゴやイチゴがあり、口に含むとシャープ。味にふくらみがあり複雑性、雄町らしいボディ・ボリューム感があります。
甘味と酸味のバランスが良く、余韻が長く出汁の聞いた料理が食べたくなります。

ラベルの「Ver」は田中悠一氏がお酒が進化したと感じるとバージョンアップしていきます!

【蔵元コメント】
「麹米に山田錦、掛米に雄町。」この黄金比の美味しさを素直に表現できるよう心がけています。
Ver.3では、品質細部のブラッシュアップ、ナチュラル感にも留意して完成度の向上に努めました。

地区:中越
販売時期:通年販売
精米歩合:50%
原料米:山田錦・雄町
アルコール度:15度
日本酒度:
酸度:

蔵元情報

・蔵元名:加茂錦酒造株式会社
・代表銘柄:加茂錦(かもにしき)
・住所:新潟県加茂市仲町3-3
・創業:西暦1893年
・蔵元からのPR:伝統的な酒造りを守りつつ、いろいろな角度から今の食卓に合う日本酒造りを目指し、日々一生懸命に取り組んでいます。

蔵元おすすめ商品

加茂錦 「荷札酒」 純米大吟醸 月白

淡麗で辛口。常温などの幅広い温度帯でお楽しみいただけます。
冷蔵温度(-5〜+5℃)での長期の熟成も可能ですが、開栓後は早めにお召し上がりください。ラベルの「Ver」は田中悠一氏がお酒が進化したと感じるとバージョンアップしていきます!

加茂錦 特撰 翁の夢

吟醸香が楽しめる、コクのあるお酒です。
アルコールが低めに出来ているため飲みやすいお酒です。

加茂錦 佳撰

甘辛のバランス・香りを充分に吟味しています。
地元では支持の高いレギュラー商品です。
スッキリとした味わいをお楽しみ下さい。

加茂錦 「荷札酒」 純米大吟醸 雄町の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『加茂錦 「荷札酒」 純米大吟醸 雄町』は、やや辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。