幻の酒 金升酒造 新潟コシヒカリ 純米大吟醸

口コミ・レビュー

レビュー数 1
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

こんなに美味い酒は初めて!
こだわりをひしひしと感じます。

・分類 純米大吟醸酒

・画像
(参照:新潟地酒専門店 幻の酒)

商品説明・特徴など

(参照:新潟地酒専門店 幻の酒)

酒業界ではかつて誰も挑めなかった[極上のご飯米]を使い、
ハイレベルな技術を必要とする、まさに「幻の酒」を誕生させるプロジェクトです。
地域の惜しみない努力と支援で最高の酒が生まれました。

【幻の酒の魅力】
1.最高のご飯米
 「棚田クラシックコシヒカリ」を使用

雪国新潟の雪解け水で育った棚田のクラシックコシヒカリは、岩魚や蛍も生息できる
綺麗な清水と自然豊かな土地で育ちました。
生産量は新潟産コシヒカリのわずか1%ほどのまさに幻のお米です。
粘りと強い甘みが特徴で、2合をペロリと食べきってしまうほどのおいしさです。
そんなお米を使い酒を造ることは、ハイコストと技術不足から行われておらず、
「最高に美味い酒」になる可能性を秘めたお米なのです。

2.新潟が誇る3つの酒蔵が醸す
 “日本酒テロワール”

地域内で素材の生産・造りを完成させ、
地域の個性を最大限に引き出すという考え方を「テロワール」と言います。
縦に長い地形の新潟県は酒蔵の数も日本一。
では、それぞれの地域ごとで酒を造ってみたらどうだろうか…。
そこで、新潟の3つの地域で流れる川の水、上流の棚田の米、それらを
下流にある酒蔵で醸造するプロジェクトが立ち上がりました。

makuake限定のクラウドファンディングで29年1月~3月に募集を行った幻の酒です。新潟棚田のコシヒカリの純米大吟醸酒をおたのしみください。

地区:下越
販売時期:限定
精米歩合:50%
原料米:クラシックコシヒカリ
アルコール度:17度
日本酒度:非公開
酸度:非公開

蔵元情報

・蔵元名:金升酒造株式会社
・代表銘柄:金升(かねます)
・住所:新潟県新発田市豊町1-9-30
・創業:西暦1822年
・蔵元からのPR:社名は創業時よりの屋号「かねます」に由来し
「長さは尺金で測り、量は升で売る。」(正確で正直なもの造りや商売を目指す)と云った意味で、現在も先人の心意気と律儀さが伝承されています。
社屋の座敷や庭園、酒蔵は昭和5年の建造当初の佇まいをとどめております。また、これらを利用した催し事を随時開催しています。

蔵元おすすめ商品

金升 碧ラベル

地元産「五百万石」を使用。

金升 朱ラベル

蔵で蒸留した米焼酎を添加。

金升 本醸造 生酒

加熱処理をしていない生酒。

幻の酒 金升酒造 新潟コシヒカリ 純米大吟醸の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『幻の酒 金升酒造 新潟コシヒカリ 純米大吟醸』は、やや辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。