義捐金特別純米酒 福倖酒

義損金特別純米酒 福倖酒

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

義捐金特別純米酒 福倖酒

・分類:純米吟醸酒

・画像
(参照:越つかの酒造株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:越つかの酒造株式会社)

このお酒、福倖酒(ふくこうざけ)は去る1997年阪神大震災の時、神戸市長田区で被災された酒屋さんが(当時岡田酒店)被災地の復興に夢を託して生まれたお酒です。
ネーミング【福倖酒】の由来は復興をもじって『福』は『神の恵みで与えられた酒』という意味で、
『倖』は、『幸』にあえて『人』をつけたのは人様あっての『幸福』の思いを込めての命名だそうです。
この【福倖酒】の事を新潟の新聞で知り、又その『岡田酒店さん』が福倖酒の名前を引継いでくれる酒蔵をお探しと知り、
早速神戸の地でお話を伺い『当蔵で取り組んでみましょう』という事になりました。ときに能登半島沖地震があった直後でした。
当蔵の経営者は、実は神戸出身で阪神大震災を体験しております。
そこで世に出すなら、 岡田酒店さんの意を引継ぐ為にも“被災地に役立つ取り組み”をと【福倖酒】を義援金付で販売する事にしました。
 災害にあった被災地に贈る義援金として当蔵が責任を持って皆様の善意をお届け致します。
また義援金をお届けした際には、ホームページにてご報告させて頂きます。私共も少しでもお役 に立てればと思い本商品に限り送料は当蔵が負担させて頂きます。
価格も『税込 2,950円(ふくこう)』と致しました。みなさまの善意をお待ち致しております。

地区:下越
販売時期:通年販売
精米歩合:
原料米:
アルコール度:15度
日本酒度:
酸度:

蔵元情報

・蔵元名:越つかの酒造株式会社
・代表銘柄:越乃あじわい(こしのあじわい)
・住所:新潟県阿賀野市分田1328
・創業:西暦1781年
・蔵元からのPR:天明元年(1781年)創業。
 独自の「塚野酵母」を使用し、手造りにこだわった仕込みで独自の味わいを醸しております。

蔵元おすすめ商品

純米酒 越乃あじわい

「塚野酵母」使用。酒の旨さと爽やかさが一体となった本格的な純米酒です。
口当たりが良く、さらさらとした口当たりのやや辛口タイプです。

代々泉

「塚野酵母」を使用しており、ほのかにふくみ香があり、淡麗な中にも味は華やかで個性的なやや辛口タイプのお酒です。
常温や、ぬる燗、熱燗でお召し上がり下さい。

吟醸酒 越乃あじわい

おだやかで、やさしい香りのスッキリとしたなめらかな味わい。
上品でやさしい甘味と快い苦みが調和したやや辛口の吟醸酒です。
冷はもちろん、ぬる燗でも美味しくお召し上がり頂くことができます。

義捐金特別純米酒 福倖酒の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『義捐金特別純米酒 福倖酒』は、やや辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。