根知男山 純米吟醸

根知男山 純米吟醸

口コミ・レビュー

レビュー数 2
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

口に含むと広がる芳醇な香りと味わいに虜になりました。
毎度飲み過ぎに注意しながら頂いています

苦味や酸味、アルコール感が強めですが、適度な甘さと強い旨味もガツンと来るお酒です。

根知男山 純米吟醸

・分類:純米吟醸酒

・画像
(参照:地酒屋サンマート)

商品説明・特徴など

(参照:地酒屋サンマート)

淡麗辛口というイメージが強い新潟清酒の中で、香りと味を追求する蔵元として地酒ファンの間で注目を集める人気銘柄「根知男山」を代表する存在の純米吟醸です。

根知男山では、「お客様に飲んで頂ける価格帯の酒の品質向上に力を入れている」と渡辺社長から聞いたことがありますが、そのことは根知男山の中吟クラスの充実ぶりにもよく表れていると思います。そして、蔵元のそういった考えは、通年定番酒であるこの純米吟醸で実感できます。
根知谷というテロワールを生かして、減農薬にて契約栽培された根知谷産「五百万石」を用いて55%まで磨き、新潟G9酵母にて仕込んだ原酒を全て瓶貯蔵し、冷蔵庫で1年ほど熟成させ、落ち着きと旨味を引き出しています。

また、火入れには、出品酒や大吟醸などの高級酒と同じように、とても手間の掛かる瓶燗火入れを行って、米の味わいを柔らかく、そして香りよく仕上げられています。

立ち香にはほんのりと甘い吟醸香。
口に含むと清涼感のある含み香に、ふんわりとした柔らかい旨みと甘味を中心とした滑らかな味わいが調和して広がり、程良い酸味が全体をバランス良く引き締めています。後味には心地良い余韻を残しながらも、スッキリと綺麗に切れていきます。
全体的に穏やかな香味ですが、根知男山らしく酒の旨味を存分に味わせてくれる飲み飽きしない美味しさです。
いわゆる淡麗辛口と称される新潟清酒とは、明らかに一線を画した根知男山スタイルを代表する酒です。

地区:上越
販売時期:通年販売
精米歩合:55%
原料米:五百万石
アルコール度:15〜16度
日本酒度:+1
酸度:1.4

蔵元情報

・蔵元名:合名会社渡辺酒造店
・代表銘柄:根知男山(ねちおとこやま)
・住所:新潟県糸魚川市根小屋1197-1
・創業:西暦1868年
・蔵元からのPR:酒蔵のある根知谷で、米作りから酒造りまですべて自社スタッフが取り組む、日本酒の「ドメーヌ」です。
 新潟県固有の酒造好適米「五百万石」と「越淡麗」の特徴を、根知谷の産地を背景として、お酒に映し出す醸造をしております。

蔵元おすすめ商品

根知男山 純米吟醸

立ち香にはほんのりと甘い吟醸香。
口に含むと清涼感のある含み香に、ふんわりとした柔らかい旨みと甘味を中心とした滑らかな味わいが調和して広がり、程良い酸味が全体をバランス良く引き締めています。後味には心地良い余韻を残しながらも、スッキリと綺麗に切れていきます。
全体的に穏やかな香味ですが、根知男山らしく酒の旨味を存分に味わせてくれる飲み飽きしない美味しさです。

根知男山 純米酒

根地男山らしいややぽったりとした味わいながらも、柔らかく軽やかで、滑っていくようにすんなりと喉を通っていく安定感のある落ち着いた美味しさです。また、少し温度が上がると軽い熟成香も感じられ、ふくらみが増し、とろっとした円やかさが好ましく感じられます。
お好みによって、燗、ぬる燗もお薦めです。

Nechi 根知谷産五百万石 壱等米

特約店限定銘柄「nechi」ブランドは、従来にない米作りから酒造りまで一貫した生産体制から産出される「産地」「品種」「品質(等級)」にこだわった、日本酒の新しい領域です。産地ブランドの草創期、今までの日本酒では謳われることのなかったワインの「A.O.C.」や「ドメーヌ」に通ずる日本酒の新たな価値観、根知谷産米の個性的な味わいをお楽しみ下さい。
「nechi」にはヴィンテージ表記がなされており、その年々の風味と味わいを愉しむことが出来ます。

根知男山 純米吟醸の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『根知男山 純米吟醸』は、やや甘口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。