新雪物語 大吟醸 華甲

新雪物語 大吟醸 華甲

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

新雪物語 大吟醸 華甲 

・分類:大吟醸酒

・画像
(参照:新潟大学)

商品説明・特徴など

(参照:新潟大学)

新潟は国内有数の良質米産地であり,同時に優良日本酒の製造地域でもあります。当地に所在する新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター(FC)では新潟市西区新通圃場2haで水稲コシヒカリを栽培し,主として学内教職員向けに販売してきました。
しかし,一次農産物の生産と販売だけでなく,大学オリジナル加工製品の開発は,加工原料の生産と加工までの一貫を体験できる教育効果や関連地域産業との連携,あるいは大学ブランド品を通して社会や地域に対して大学の活動をアピールすることができるのではと考えました。
醸造については以前から農学部の事業と連携している大学近隣に所在する塩川酒造(株)にお願いすることとしました。最初の取り組みとして,平成18年冬に待望の新潟大学ブランドの純米吟醸酒「新雪物語」を世に送り出しました。
それから3年を経て,今まで栽培してきた酒米「五百万石」に加えて新たに大吟醸用酒米「越淡麗」を栽培(農学部フィールド科学教育研究センターで減農 薬・減化学肥料で栽培しました。)し,この越淡麗を原料として,新たな新潟大学オリジナルのお酒,大吟醸酒「華甲」が誕生しました。

名称にあたっては,本年が新潟大学創立60周年であることから60周年記念事業の一つとして名称を広く公募し,その結果,新潟市の井上佳世子様ご提案の「華甲」が採択されました。
華甲の意味は,還暦と同じく数えで61歳を示しており,まさに創立60周年に相応しい名称であると高い評価を受けています。

地区:下越
販売時期:通年販売
精米歩合:50%
原料米:越淡麗
アルコール度:
日本酒度:+1.2
酸度:1.3

蔵元情報

・蔵元名:塩川酒造株式会社
・代表銘柄:越の関(こしのせき)
・住所:新潟県新潟市西区内野町662
・創業:西暦1912年
・蔵元からのPR:弊社は県内においても小規模の蔵元ですが、日本酒古来の文化を守りつつ品質の向上と管理に尽力しています。

蔵元おすすめ商品

千の風 吟醸

新潟県出身の芥川賞作家、新井満氏がプロデュースしたお酒。今では誰もが知る「千の風になって」と関りの深い商品です。
大吟醸さながらの高級感のある香りと味わいに定評があります。
鈴木八朗氏デザインの化粧箱と開発までの経緯が書かれた首掛けが付属し、贈答用にも最適です。
平成20年度 新潟市土産品コンクール金賞受賞。

越の関 純米吟醸

香りと旨みが豊かな純米吟醸酒。米の旨みを存分に醸し出しています。
数値的には辛口でも旨みを多く感じる酒質、淡麗旨口を目指した造りをしている為、味わい深いながらも切れのある仕上がりとなっています。

COWBOY YAMAHAI カウボーイヤマハイ

アメリカンスピリットの象徴であるステーキに合う新しい日本酒が発売されました。その名も「カウボーイヤマハイ」。
暑い夏は、爽やかにライムロックで。
カウボーイ・ヤマハイの山廃づくり独特の味とライムの爽やかさ。原酒ならではの旨みがロックでもしっかり主張する夏の涼味です。

新雪物語 大吟醸 華甲の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『新雪物語 大吟醸 華甲』はやや辛口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。