TAKARAYAMA 岩室日本酒物語

TAKARAYAMA 岩室日本酒物語

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

TAKARAYAMA 岩室日本酒物語

・分類:純米酒

・画像
(参照:宝山酒造株式会社)

商品説明・特徴など

(参照:宝山酒造株式会社)

宝山酒造株式会社5代目蔵元の渡邉桂太が「岩室の素晴らしさを伝えたい」をコンセプトに立ち上げたブランドです。
地元のならではの「モノ」を用いて地域で作り上げるお酒にしたい、その物語をラベルに込め語られる逸品にしたいという思いで立ち上げました。
この酒は宝山酒造としては初の試みの「完全発酵」させた辛口タイプになります。
まず商品名のローマ字「TAKARAYAMA」は定番商品である「宝山」との差別化する為に用いております。
ラベル描かれる「メガネ」は杜氏でもある五代目蔵元の渡邉桂太のトレードマークでもあります。
その「メガネ」を「猫」が咥えていますが、宝山酒造には看板猫がおり半分野良猫、半分家猫の気まぐれな猫です。
そんな猫に咥えられた杜氏が気まぐれな酒造り(造りたい物を造る)をするブランドとして立ち上げました。
もちろん、闇雲に造るのでは無く、テーマはしっかりと設けてしっかりとしたお酒を造りあげていきます。
そのストーリーを「中身」(お酒)に込め、ラベルデザインは「本」の表紙、背表紙、裏表紙として描いたものになります。

地区:下越
販売時期:通年販売
精米歩合:60%
原料米:越淡麗
アルコール度:16度
日本酒度:+8
酸度:1.9

蔵元情報

・蔵元名:宝山酒造株式会社
・代表銘柄:
・住所:新潟県新潟市西蒲区石瀬1380
・創業:西暦1885年
・蔵元からのPR:杜氏を始め社員全員で一冬楽しく仕込んだお酒と、創業130年の伝統をご提供いたします。

蔵元おすすめ商品

コシヒカリ純米吟醸 宝山

「いつもと違ったお酒を飲みたい。」そんな方のために、酒造りには不向きとされる新潟県産コシヒカリを使った仕込みに挑戦しました。
何度も失敗を重ねた末にようやく誕生したこの味わいは、「コシヒカリのお酒なんて美味しいの?」という方をとりこにしてしまうほど。
ほのかな甘さに疲れが癒されると、女性に大人気のお酒です。

純米 宝山

添加物を一切使わずに、お米の旨味をじっくり引き出しました。
日本のスローフードといわれるこの純米酒は、古くから伝わる日本酒文化そのもの。
昔なつかしい味わいをどうぞお楽しみください。

本醸造 原酒

日本酒特有の旨味と辛味をもち、とても力強くグッとくるお酒です。
味わい深く飲みごたえがありますので、日本酒が苦手な方はご遠慮ください。

TAKARAYAMA 岩室日本酒物語の飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『TAKARAYAMA 岩室日本酒物語』は、辛口のお酒です。
幅広い温度帯でお楽しみいただけます。