「原酒」とは?

原酒とは、水を加えない割水前の日本酒のことです。

日本酒造りには、貯蔵後に水を加えてアルコール度数を調節する工程があります。これを、割水や加水と呼びます。
これにより日本酒の香りや味わいのバランスも同時に調整しています。
原酒はこの割水を行わない、水を加えない日本酒を指しています。

多くの日本酒は水を加えることで、アルコール度数15%前後に調整されます。
これに対し原酒はアルコール度数20%前後と、5%ほど度数が高くなっています。

割水を行わない原酒は、一般的な日本酒に比べて濃厚でパワフルなお酒本来の香りや味わいが楽しめます。
そのまま飲むのはもちろんですが、氷を入れてロックで飲むのもおすすめです。少しアルコール度数が下がって風味が爽やかになり飲みやすくなります。
氷の溶け具合で変化する味わいを楽しむのも面白いです。

また最近ではアルコール度数15%程度の原酒も増えてきています。
低めのアルコール度数による飲みやすさと、原酒のパンチの効いた味わいが特徴です。

Posted by sake