越の鶴 本正 specially made

口コミ・レビュー

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

こしつる 本正ほんじょう specially made

・分類 純米吟醸酒 生詰酒

・画像
(参照:地酒家 五十嵐酒店)

商品説明・特徴など

(参照:地酒家 五十嵐酒店)

長岡産五百万石100%で仕込んだ「本正」を”爽やかな夏の酒”をコンセプトに、普段の「本正」よりもアルコール度数を少し低く抑えて、一回火入れで生詰した特別仕様(specially made)です。
一度火入れの生詰めタイプで、含みは華やかな吟醸香と共に旨みが口いっぱいに広がります。
旨口の濃厚でジューシーな味わいながら、喉越しでスパッと切れ味をみせる、一歩進化した酒質設計になっております。暑い夏に合うスッキリとした飲み口に仕上げた一本です。

地区:中越
販売時期:夏季
精米歩合:55%
原料米:五百万石
アルコール度:15度
日本酒度:-2
酸度:

蔵元情報

・蔵元名:越銘醸株式会社
・代表銘柄:大吟醸 越の鶴(だいぎんじょう こしのつる)
・住所:新潟県長岡市栃尾大町2-8
・創業:西暦1845年
・蔵元からのPR:地元の酒としての伝統を守りながらも、時代の流れに合った酒質を求め酒を造り続けています。

蔵元おすすめ商品

別撰 越の鶴

別撰 越の鶴

きめ細やかで、且つのど越しのすっきりとした淡麗やや辛口のあじわいで、1ランク上の普通酒です。

純米吟醸 越の鶴

純米吟醸 越の鶴

サラリとのどを通る、淡麗辛口タイプ。純米吟醸酒ならではの米のうま味は冷やにしても十分なほど味わえます。

大吟醸 越の鶴 鑑評会出品酒

大吟醸 越の鶴 鑑評会出品酒

約50日という時間をかけて丁寧に醸した杜氏と蔵人の技術と魂がこもった一品。
新潟県酒造好適米の「越淡麗」のみを使用し、酒造りの原点に戻り、手間暇を惜しまず作り上げた複雑かつ芳醇な味わい。越銘醸を代表するお酒です。

越の鶴 本正 specially madeの飲み方まとめ

「雪冷え」 5℃
「花冷え」 10℃
「涼冷え」 15℃
「冷や」  20℃
「日向燗」 30℃
「人肌燗」 35℃
「ぬる燗」 40℃
「上燗」  45℃
「熱燗」  50℃
「飛び切り燗」 55℃

『越の鶴 本正 specially made』は、やや甘口のお酒です。
冷やして飲むのがおすすめです。